女子モーグル世界銀メダリストに立ちはだかる“2年の壁”

公開日:  更新日:

 日本のモーグル女王が満を持してゲレンデに戻ってきた。

 右膝の重傷でソチ五輪を欠場した伊藤みき(28)が24日、12月12日に開幕するW杯フィンランド大会出場に向け渡欧。3季ぶりの国際大会を前に「できるトレーニングはやってきた。早く滑りたい気持ちと、しっかり準備したい気持ちがある」と明るい表情で話した。

 13年12月にフィンランドでの練習中に右膝十字靱帯を損傷。ソチ五輪では痛みを押して現地に入ったが、練習中に悪化して欠場を余儀なくされた。その後、患部の再建手術を受けて、リハビリのため2シーズンを棒に振った。13年の世界選手権銀メダリストだけに完全復活を期待されるが、先行きは不透明だ。

 スキー関係者によれば、雪上競技で2年間も実戦を離れたブランクを取り戻すのは至難の業だそうだ。実戦感覚が鈍ってターンなどに狂いが生じるだけでなく、コブの上を滑る恐怖心を拭いきれない選手は少なくないという。

 伊藤は「時間をたっぷり使って、焦らずつくっていきたい」と話すが、18年平昌五輪に間に合うのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る