スポンサーに中国企業続々 CWCいつまで日本で見られる?

公開日: 更新日:

 もっともトヨタは81年大会から継続していたスポンサーを14年限りで降り、今大会から中国の技術情報メーカー・阿里巴巴(アリババ)集団が冠スポンサーとなり、大会名も「Alibaba E-Autoプレゼンツ……」に変わった。契約金は年間10億円。22年までの長期契約だ。このことが、来年以降のクラブW杯開催地に大きな影響を及ぼす。

「現時点で16年の日本開催、17~18年の中東での開催、19~20年の日本開催は内定しているが、中国企業が冠スポンサーになったことで風向きが変わりそうです」と広告代理店関係者が続ける。

「阿里巴巴集団以外にも中国企業がクラブW杯のイベントスポンサーに名乗りを上げており、FIFAに対して『大金を払う。ぜひとも中国で開催してくれ。21年以降の開催なんて遅過ぎる』と大クレーム。FIFAの担当者が『トヨタの撤退で日本企業全体にクラブW杯への関心が薄らいでいる。19~20年の日本開催を中国開催に変更できるかも知れないが、基本的には20年大会までは決まっている』と説明しても『とにかく遅過ぎる』の一点張り。それどころか『来年の16年大会から中国開催にしろ!』と強硬な姿勢を見せているようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る