長嶋茂雄氏に頭下げ…1月11日の清原容疑者を名球会OB語る

公開日: 更新日:

 覚醒剤所持で逮捕された清原容疑者は1月11日に行われた「名球会ベースボールフェスティバル2016」に出場。セOB対パOBの試合では2打数2安打と活躍し、ガッツポーズも見せていた。同じパOBとしてベンチ入りしていた西武OBの山崎裕之氏は、当時の印象をこう語る。

「私は清原とは話もしていないし、さほど気にも留めていませんでした。それでも見る限りでは薬物を使っているような、おかしな様子はありませんでした。あまりにお腹が出ていたので気になったくらいですね。ただ、明るくプレーをしていたのが印象に残っています。昔はぶっきらぼうだった男が、本当に明るく楽しそうに野球をやっていた。週刊誌の薬物使用疑惑の報道から2年くらい経ち、いろいろと苦労や我慢もあったのか、人間が丸くなったな、と思っていたのですが……」

 イベントでは巨人の長嶋茂雄終身名誉監督に「頑張りなさい」と言われると、差し出された左手を両手で押し頂き、深々と頭を下げた。

 かつてのライバルであった野茂英雄がマウンドに上がったときなどは、スマホで撮影。それはさながら、野球少年そのものだったという。

 これが最後のユニホーム姿となるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

もっと見る