長嶋茂雄氏に頭下げ…1月11日の清原容疑者を名球会OB語る

公開日:  更新日:

 覚醒剤所持で逮捕された清原容疑者は1月11日に行われた「名球会ベースボールフェスティバル2016」に出場。セOB対パOBの試合では2打数2安打と活躍し、ガッツポーズも見せていた。同じパOBとしてベンチ入りしていた西武OBの山崎裕之氏は、当時の印象をこう語る。

「私は清原とは話もしていないし、さほど気にも留めていませんでした。それでも見る限りでは薬物を使っているような、おかしな様子はありませんでした。あまりにお腹が出ていたので気になったくらいですね。ただ、明るくプレーをしていたのが印象に残っています。昔はぶっきらぼうだった男が、本当に明るく楽しそうに野球をやっていた。週刊誌の薬物使用疑惑の報道から2年くらい経ち、いろいろと苦労や我慢もあったのか、人間が丸くなったな、と思っていたのですが……」

 イベントでは巨人の長嶋茂雄終身名誉監督に「頑張りなさい」と言われると、差し出された左手を両手で押し頂き、深々と頭を下げた。

 かつてのライバルであった野茂英雄がマウンドに上がったときなどは、スマホで撮影。それはさながら、野球少年そのものだったという。

 これが最後のユニホーム姿となるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「国民だましたらあかん」籠池夫妻が安倍首相の演説に本音

  10. 10

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

もっと見る