国際連盟の規定変更が奏功? “カー娘”躍進銀メダルの真相

公開日:  更新日:

 18年韓国・平昌五輪での表彰台を期待するのは早計だ。

 29日、世界選手権(カナダ・スウィフトカレント)で初のメダルを獲得したカーリングの女子日本代表(LS北見)が帰国。空港に居合わせた約100人の一般客に拍手で祝福された。

 12カ国が出場した今大会は、予選リーグでソチ五輪金のカナダやスコットランドといった強豪を相次いで撃破。1位タイでプレーオフに進出すると、準決勝でロシアを破り、決勝では女王スイスと最終エンドまで接戦を繰り広げた。惜しくも銀メダルに終わったものの、日本の躍進を世界にアピールした。

 決勝戦で最後のショットを外したスキップの藤沢五月(24)は、「五輪でメダルを取るチームは世界選手権でも勝っている。ファイナルの舞台に立てたので、もう一度、決勝まで残りたい」と来年の世界選手権での金メダル取りを誓ったが、関係者の間には「そう甘くはない」という声がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る