初黒星の燕ドラ1原に沢村賞OBが“シュートの使い方”助言

公開日: 更新日:

「最後のあの場面、あの1球で台無しにしてしまった……」

 こう言って悔しさをにじませたのは、ヤクルトのドラフト1位・原樹理(22=東洋大)。3日の中日戦に先発して六回まで1失点に抑えたが、七回に落とし穴が待っていた。2-1で迎えた2死一塁で桂に逆転2ランを被弾。抜けたカットボールを打たれ、プロ初勝利はお預けとなった。

「受け身にならず、よく攻めていた。いい勉強をしたと思う」と高津投手コーチは、武器であるシュートで右打者の内角を突き、中日打線に立ち向かった姿勢を評価。七回3失点は上々の結果だが、「1球の重み」を痛感した。

 そんな新人の投球をネット裏から見つめていたのが98年に最多勝、沢村賞を獲得した元エースでヤクルトOBの川崎憲次郎氏(45)。この日、始球式に登場した川崎氏は原と同じくシュートを武器に通算88勝を挙げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る