バルセロナOP錦織は余裕の8強 次戦相手はドルゴポロフ

公開日:  更新日:

 男子テニスのバルセロナ・オープンは21日(現地時間)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング6位で第2シードの錦織圭(26)が同33位のジェレミー・シャルディーを6-3、7-5でストレート勝ち。3年連続の8強入りを果たした。

 錦織はパワーに頼り、粗削りなシャルディーのミスにも助けられた。対戦成績は過去3勝2敗とほぼ互角の相手に第1セット序盤から圧倒。この試合で初めてブレークポイントを得た第6ゲームではフォアハンドのリターンエースを決めて第1セットを制した。

 試合前には雨が降り、水分を含んだ重いボールなど悪条件にもきっちりと対応した。第2セットは2度のブレークを許したが、安定したストロークを武器に主導権を渡さない。球足が伸びないクレーコートの特性を存分に生かし、コート全面を使って相手を揺さぶり、1時間23分で退けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る