バルセロナOP錦織は余裕の8強 次戦相手はドルゴポロフ

公開日: 更新日:

 男子テニスのバルセロナ・オープンは21日(現地時間)、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング6位で第2シードの錦織圭(26)が同33位のジェレミー・シャルディーを6-3、7-5でストレート勝ち。3年連続の8強入りを果たした。

 錦織はパワーに頼り、粗削りなシャルディーのミスにも助けられた。対戦成績は過去3勝2敗とほぼ互角の相手に第1セット序盤から圧倒。この試合で初めてブレークポイントを得た第6ゲームではフォアハンドのリターンエースを決めて第1セットを制した。

 試合前には雨が降り、水分を含んだ重いボールなど悪条件にもきっちりと対応した。第2セットは2度のブレークを許したが、安定したストロークを武器に主導権を渡さない。球足が伸びないクレーコートの特性を存分に生かし、コート全面を使って相手を揺さぶり、1時間23分で退けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

もっと見る