逃げ場なき“剣闘” 車いすフェンシング加納慎太郎の挑戦

公開日: 更新日:

 2020年に行われる東京五輪・パラリンピックまであと約4年。その大舞台に向け、傷だらけになりながら練習に励んでいる障がい者アスリートがいる。車いすフェンシング日本代表候補の加納慎太郎(31)さんだ。

 この競技は通常のフェンシングとは異なり、特別な台座(ピスト)に車いすを固定して行う。日本での認知度は低く、競技人口も全国に僅か30人ほどしかいない。

「私が始めた3年前は競技人口がたった2人で。その時に比べれば少しずつ広まってきてますね」

 笑顔で語る加納さんだが、この競技を始めるまでには苦悩と葛藤の日々があった。

 16歳の時にバイクの単独事故で転倒。一命は取り留めたものの、片足を失い義足の生活を余儀なくされた。何日も涙が止まらなかった。

「それまで普通の高校生だったのに、一瞬で『障がい者』ですから。事故後2年くらいリハビリを含めて入院しましたが、どうしても自分の中で受け入れられなかった。だからパラリンピックにも興味がなく、障がい者としてスポーツをやりたいとも思わなかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る