逃げ場なき“剣闘” 車いすフェンシング加納慎太郎の挑戦

公開日:  更新日:

 2020年に行われる東京五輪・パラリンピックまであと約4年。その大舞台に向け、傷だらけになりながら練習に励んでいる障がい者アスリートがいる。車いすフェンシング日本代表候補の加納慎太郎(31)さんだ。

 この競技は通常のフェンシングとは異なり、特別な台座(ピスト)に車いすを固定して行う。日本での認知度は低く、競技人口も全国に僅か30人ほどしかいない。

「私が始めた3年前は競技人口がたった2人で。その時に比べれば少しずつ広まってきてますね」

 笑顔で語る加納さんだが、この競技を始めるまでには苦悩と葛藤の日々があった。

 16歳の時にバイクの単独事故で転倒。一命は取り留めたものの、片足を失い義足の生活を余儀なくされた。何日も涙が止まらなかった。

「それまで普通の高校生だったのに、一瞬で『障がい者』ですから。事故後2年くらいリハビリを含めて入院しましたが、どうしても自分の中で受け入れられなかった。だからパラリンピックにも興味がなく、障がい者としてスポーツをやりたいとも思わなかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る