• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逃げ場なき“剣闘” 車いすフェンシング加納慎太郎の挑戦

 2020年に行われる東京五輪・パラリンピックまであと約4年。その大舞台に向け、傷だらけになりながら練習に励んでいる障がい者アスリートがいる。車いすフェンシング日本代表候補の加納慎太郎(31)さんだ。

 この競技は通常のフェンシングとは異なり、特別な台座(ピスト)に車いすを固定して行う。日本での認知度は低く、競技人口も全国に僅か30人ほどしかいない。

「私が始めた3年前は競技人口がたった2人で。その時に比べれば少しずつ広まってきてますね」

 笑顔で語る加納さんだが、この競技を始めるまでには苦悩と葛藤の日々があった。

 16歳の時にバイクの単独事故で転倒。一命は取り留めたものの、片足を失い義足の生活を余儀なくされた。何日も涙が止まらなかった。

「それまで普通の高校生だったのに、一瞬で『障がい者』ですから。事故後2年くらいリハビリを含めて入院しましたが、どうしても自分の中で受け入れられなかった。だからパラリンピックにも興味がなく、障がい者としてスポーツをやりたいとも思わなかったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る