ドーピングで厳罰も ロシア選手に悪質「賞金」踏み倒し癖

公開日: 更新日:

 組織的ドーピングで国際陸連から資格停止処分になっているロシアの選手に厳罰が下った。

 ロシア・オリンピック委員会は25日(日本時間26日)、12年欧州選手権女子800メートル銀メダルのイリーナ・マラチェワ(31)、10年世界ジュニア選手権の女子競歩(10キロ)銀のアンナ・ルキャロノワ(24)ら4人を資格停止処分にしたと発表。マラチェワ、ルキャロノワの2人は2年間、他の2人は4年間、国際大会はもちろん、ロシア国内の大会にも出場できない。

 マラチェワらは国際陸連が保存する生体パスポートの検査で異常値を示したため、禁止薬物違反が発覚した。過去に出場した大会の順位と記録は抹消され、賞金とメダルは主催者側への返還義務が生じる。

 大会によっては優勝賞金が日本円にして約1000万円と高額なだけに主催者側が返還を求めるのは当然だが、メダルはともかく賞金が戻らないケースもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  4. 4

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る