ドーピングで厳罰も ロシア選手に悪質「賞金」踏み倒し癖

公開日:  更新日:

 組織的ドーピングで国際陸連から資格停止処分になっているロシアの選手に厳罰が下った。

 ロシア・オリンピック委員会は25日(日本時間26日)、12年欧州選手権女子800メートル銀メダルのイリーナ・マラチェワ(31)、10年世界ジュニア選手権の女子競歩(10キロ)銀のアンナ・ルキャロノワ(24)ら4人を資格停止処分にしたと発表。マラチェワ、ルキャロノワの2人は2年間、他の2人は4年間、国際大会はもちろん、ロシア国内の大会にも出場できない。

 マラチェワらは国際陸連が保存する生体パスポートの検査で異常値を示したため、禁止薬物違反が発覚した。過去に出場した大会の順位と記録は抹消され、賞金とメダルは主催者側への返還義務が生じる。

 大会によっては優勝賞金が日本円にして約1000万円と高額なだけに主催者側が返還を求めるのは当然だが、メダルはともかく賞金が戻らないケースもあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る