4勝目田口の好敵手 巨人に山岡泰輔ドラ1指名の“相乗効果”

公開日:  更新日:

 巨人の田口麗斗(20)が久しぶりに勝った。

 6日の阪神戦に先発し、七回途中1失点で4勝目(6敗)。5月31日のオリックス戦以来となる勝利に「最後(七回)は投げ切らないと」と反省しつつ、「いつファームに落とされるのか分からないので、死に物狂いでマウンドに上がった」と笑顔を見せた。

 その田口が今秋、“再会”したい投手がいる。巨人が先月のスカウト会議でリストアップしたドラフト1位候補8人のうちのひとり、東京ガス・山岡泰輔投手(20=瀬戸内)である。身長172センチ、66キロと小柄ながら最速152キロ。田口にとってはライバルにして親友でもある投手だ。

 13年夏。田口は広島新庄のエースとして県大会決勝で山岡擁する瀬戸内と対戦した。試合は田口が19奪三振で213球を投げ切れば、山岡は1安打投球で15奪三振163球の熱投。歴史的な延長十五回は0-0で決着つかず、翌日の再試合で田口は0-1で山岡に敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  7. 7

    声優・落合福嗣「下町ロケット」出演で個性派俳優の道も?

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る