4勝目田口の好敵手 巨人に山岡泰輔ドラ1指名の“相乗効果”

公開日: 更新日:

 巨人田口麗斗(20)が久しぶりに勝った。

 6日の阪神戦に先発し、七回途中1失点で4勝目(6敗)。5月31日のオリックス戦以来となる勝利に「最後(七回)は投げ切らないと」と反省しつつ、「いつファームに落とされるのか分からないので、死に物狂いでマウンドに上がった」と笑顔を見せた。

 その田口が今秋、“再会”したい投手がいる。巨人が先月のスカウト会議でリストアップしたドラフト1位候補8人のうちのひとり、東京ガス・山岡泰輔投手(20=瀬戸内)である。身長172センチ、66キロと小柄ながら最速152キロ。田口にとってはライバルにして親友でもある投手だ。

 13年夏。田口は広島新庄のエースとして県大会決勝で山岡擁する瀬戸内と対戦した。試合は田口が19奪三振で213球を投げ切れば、山岡は1安打投球で15奪三振163球の熱投。歴史的な延長十五回は0-0で決着つかず、翌日の再試合で田口は0-1で山岡に敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  5. 5

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  6. 6

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    日本人6割が感染 カリフォルニア由来の変異株どこまで危険

  10. 10

    大谷の打球速度が話題だが…圧倒的能力が“投げる”の弊害に

もっと見る