ケニヤッタ小林
著者のコラム一覧
ケニヤッタ小林

ケニヤッタ小林(小林俊一) 1942年、神奈川県生まれ。横須賀高校時代は陸上選手だったが、本人によれば「超二流選手」。早大卒業後にサントリー入社。営業マンとして勤務した後、34歳で退社しケニアに行く。スワヒリ語を学び、ケニア陸連、ケニア五輪委員会に顔を売り、スポーツライター兼スタッフとしてケニア・ナショナルチームに同行。五輪や世界陸上を取材。同時にケニア人ランナーを日本の高校、大学、実業団チームに斡旋。ケニア在住39年。

<第1回>約70人のケニア人を連れてきて3人が五輪メダル

公開日: 更新日:

 ケニア在住39年。多くのケニア人ランナーを日本に斡旋し、駅伝マラソンに刺激を与えてきた「ケニヤッタ小林」こと小林俊一氏。その正体は謎に包まれているが、20年来の友人でルポライターの岡邦行が長期間取材。小林氏自らケニアパワーの強さを明かし、低迷する日本マラソン界に「活!」を入れた──。

「ケニアパワー? そりゃあ、私は常に『2本の脚で人生を切り開け!』と、貧しいランナーに叩き込んでるんだ。日本の高校や大学で活躍し、企業チームに入ればこの不況の世の中でも年間500万円は稼げる。ケニアでは10年間暮らせる金額だよ」

 そう真顔で語る小林氏が、これまで日本に斡旋したケニア人は約70人。その中から3人の五輪メダリストを輩出している。

 ソウル五輪銀メダルのダグラス・ワキウリ(当時エスビー食品)をはじめ、アトランタとシドニーで銅・銀と2大会連続メダリストとなったエリック・ワイナイナ(同コニカミノルタ)。そして、8年前の北京五輪では、サムエル・ワンジルがケニアに初めてマラソンで金メダルをもたらした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る