• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ロシア選手団のリオ五輪参加資格は21日にも決定

 ロシア選手団のリオ五輪への参加資格を巡る問題が先送りされた。

 国際オリンピック委員会(IOC)は19日、電話会議による緊急理事会を開催。世界反ドーピング機関(WADA)が14年ソチ五輪などのドーピング検査で国家ぐるみの不正を認定したロシアに関して、リオ五輪への出場資格を認めるか否かの判断を見合わせた。

 現在、ロシア陸連による組織的ドーピングで資格停止処分を科された選手がスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴しており、21日にも出るCASの裁定を待って最終的な決定を下すという。

 IOCが結論を保留したのは、全競技のロシア選手団を排除した場合、禁止薬物に手を出していない選手の権利を侵害して訴訟沙汰になるのを恐れたからだ。さらに18日にWADAの調査チームが発表した、ロシアがソチ五輪のドーピング検査で用いる検体を不正に調査したと結論付けた報告書に、虚偽の事実が含まれている疑惑も浮上。IOCでは報告書の精査、検体の再検査も含めて、ロシアによる不正の実態解明に向けて「あらゆる国際機関と協力する用意がある」との声明を発表した。

 リオ五輪開幕は8月5日。南米初の五輪開催を前に問題が噴出し始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る