【コロンビア】崖っぷちの日本 最大の強敵をどう攻略する

公開日:  更新日:

 ブラジルでコロンビアと戦う――。2年前の悪夢が蘇ってくる。

 ブラジルW杯初戦はコートジボワールに1―2で逆転負け。2戦目は前半途中で10人となったギリシャを攻めあぐんでスコアレスドロー。迎えた3戦目。舞台はアマゾン地帯南部クイアバ。1―4のスコア以上の実力差を見せつけられ、ザッケローニ日本代表は一勝もできないまま、悄然として帰国したものだ。

 コロンビア五輪代表との試合は、1戦目のナイジェリア戦に続いてアマゾン地帯北部のマナウス。同じ高温多湿の地で2年前と同じ結果を招けば、手倉森ジャパンのリオ五輪は“ジ・エンド”だ。

 W杯日本戦でゴールを決めたレアル・マドリードFWロドリゲス、ミランFWバッカ、アーセナルGKオスピナのオーバーエージ枠招集は実現しなかった。しかし、A代表47試合15得点のFWグティエレス、身長168センチながらCFもこなせるFWパボン、そして空中戦に強さを見せるCBテシージョの経験豊富な3選手が補強され、攻守にビシッと芯が通った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る