【コロンビア】崖っぷちの日本 最大の強敵をどう攻略する

公開日: 更新日:

 ブラジルでコロンビアと戦う――。2年前の悪夢が蘇ってくる。

 ブラジルW杯初戦はコートジボワールに1―2で逆転負け。2戦目は前半途中で10人となったギリシャを攻めあぐんでスコアレスドロー。迎えた3戦目。舞台はアマゾン地帯南部クイアバ。1―4のスコア以上の実力差を見せつけられ、ザッケローニ日本代表は一勝もできないまま、悄然として帰国したものだ。

 コロンビア五輪代表との試合は、1戦目のナイジェリア戦に続いてアマゾン地帯北部のマナウス。同じ高温多湿の地で2年前と同じ結果を招けば、手倉森ジャパンのリオ五輪は“ジ・エンド”だ。

 W杯日本戦でゴールを決めたレアル・マドリードFWロドリゲス、ミランFWバッカ、アーセナルGKオスピナのオーバーエージ枠招集は実現しなかった。しかし、A代表47試合15得点のFWグティエレス、身長168センチながらCFもこなせるFWパボン、そして空中戦に強さを見せるCBテシージョの経験豊富な3選手が補強され、攻守にビシッと芯が通った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  8. 8

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る