• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

常軌逸したJOC宣言 東京五輪「金で3位以内」の危うさ

 改めてキッパリと宣言した。

 リオ五輪で41個のメダルを獲得した日本選手団が24日、都内で帰国会見を行った。橋本聖子団長(51)はそこで20年東京五輪のメダル目標について、「(金メダル数で)3位以内」と明言。さらに「最低でも(実施)33競技においては必ず1つでも2つでも各競技として確実にメダルを獲得しなければならないというのを最低目標に掲げたい。そのためにはメダルの数を倍以上にしなければならない」と語り、強化費の拡充に理解を求めた。金メダルの世界3位とは、20個から33個を意味する。リオの倍以上のメダル数といえば82個以上だから、かなりの「大風呂敷」といえるが、橋本団長はもちろん本気だ。

 今年度のスポーツ予算は史上最高の324億円(前年度比34億円増)。日本オリンピック委員会(JOC)の選手強化部長でもある橋本団長はそれでも足りないと「18年度には(スポーツ予算を)1000億円にしたい」との希望を持っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る