• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去16勝2敗の平幕が相手も…大関稀勢の里に“初日の壁”

 11日に開幕する大相撲9月場所。綱とりが注目されている大関稀勢の里(30)は初日、平幕の隠岐の海と対戦する。

 両者の対戦成績は稀勢の里の16勝2敗。普通に考えれば「カモ」なのだが、そこは“あの”稀勢の里だ。勝負事に絶対はない――なんて言うまでもなく、不安は残る。

 ある相撲記者が言う。

「稀勢の里が平常心で相撲を取れば、怖い相手ではない。ただ、綱とりが3場所も続いているだけに、『これ以上は恥をさらせない』とガチガチになっていれば話は別です。隠岐の海は土俵際に強く、追い詰められてからの突き落としで何度も勝ちを拾っている。稀勢の里はここ数場所は慎重な攻めを見せているが、もともとは詰めの甘い力士ですからね。雑な相撲で攻め、最後はまさかの突き落とし……という展開も十分考えられます」

 稀勢の里は昨年9月場所9日目、隠岐の海に突き落とされて2敗目を喫した。すると翌日も負け、優勝戦線から脱落。今場所も同じ結果になるようなら、綱とりは諦めた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る