第5戦先発剥奪か…評価急落マエケン“来季ローテ落ち”危機

公開日: 更新日:

 ドジャースの先発陣は左腕が多数を占め、先発右腕の補強が今オフの最優先課題なのだ。

「ドジャースは外野手が余っており、実績のあるプイグ(25=今季打率2割6分3厘、11本塁打、45打点)の他、トンプソン(25=同2割2分5厘、13本塁打、32打点)、トーレス(24=同3割1分4厘、3本塁打、16打点)ら有望な若手外野手が控えている。今オフのFA市場は先発右腕が小粒なだけに、若手外野手を交換要員にトレードで先発右腕の獲得に動くはずです。昨オフ、ダイヤモンドバックスにFA移籍したサイ・ヤング賞右腕のグリンキーを戻すという報道もあります。計算の立つ先発右腕が獲得できれば来季の前田は先発4番手以降に下がる可能性もあります」(スポーツライター・友成那智氏)

 先発順位が下がれば、登板試合数が減って、最大で1015万ドル(約10億5400万円)の出来高にも影響する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった