日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ハリルが最後通牒か? ミラン本田圭佑に迫る代表引退の日

 日本代表MF本田圭佑が、ついにハリルホジッチ代表監督から最後通牒を受けた。

 イタリアの有力紙「トゥット・スポルト」(14日付)が「ホンダが代表のポストも失った」と見出しを掲げ、ハリルホジッチが「君が所属クラブでプレーできない状況が続けば、日本代表に招集することは非常に困難になる」というメールを本田に送付した――と報じたのである。

 14日には確実に招集する旨を伝えるレターが届いたという一部の報道もあるが、確かに今季の本田はミランで戦力外も同然の扱いを受けている。セリエA第28節が終わった時点で公式戦出場は6試合。先発は1試合しかない。通算出場時間は100分にも満たず、リーグ戦の連続欠場は12にまで伸びている。所属クラブで常時プレーすることで培われる試合勘を重視するハリルにとって、今の本田は「代表選手失格」という状況。いつ「代表落選」を通達されても不思議ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事