元代表DF柳本啓成さんはスクール経営9年目、自ら指導も

公開日:  更新日:

 2018年サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選が行われている。日本がW杯に初出場を果たしたのは1998年。その前年まで日本代表ディフェンダーとして活躍し、初出場を後押ししたのが、“茶髪の貴公子”と呼ばれアイドル的人気を誇った柳本啓成さん(44)だ。今どうしているのか。

■「自分の分身が戦っているような感じ」

 柳本さんに会ったのは、奈良市宝来町のサッカースクール「YANAGI FIELD」。近鉄奈良線学園前駅から車で10分走った、住宅や田畑に囲まれた場所にある。

「株式会社を設立し、ここにスクールを開いて9年目になります。34歳で現役を引退した後、サッカーとは別の世界を見てみたくて、1年かけて世界中を旅して回りました。そのとき、どんな小さな町にもグラウンドがあるのを見て、ボクも子供たちが世界を目指せる環境をつくりたいと思ったんです。東大阪市で生まれ、小学2年からここで育ったので、故郷に恩返しをしたい気持ちもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る