日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

元代表DF柳本啓成さんはスクール経営9年目、自ら指導も

 2018年サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選が行われている。日本がW杯に初出場を果たしたのは1998年。その前年まで日本代表ディフェンダーとして活躍し、初出場を後押ししたのが、“茶髪の貴公子”と呼ばれアイドル的人気を誇った柳本啓成さん(44)だ。今どうしているのか。

■「自分の分身が戦っているような感じ」

 柳本さんに会ったのは、奈良市宝来町のサッカースクール「YANAGI FIELD」。近鉄奈良線学園前駅から車で10分走った、住宅や田畑に囲まれた場所にある。

「株式会社を設立し、ここにスクールを開いて9年目になります。34歳で現役を引退した後、サッカーとは別の世界を見てみたくて、1年かけて世界中を旅して回りました。そのとき、どんな小さな町にもグラウンドがあるのを見て、ボクも子供たちが世界を目指せる環境をつくりたいと思ったんです。東大阪市で生まれ、小学2年からここで育ったので、故郷に恩返しをしたい気持ちもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事