• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元代表DF柳本啓成さんはスクール経営9年目、自ら指導も

 2018年サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選が行われている。日本がW杯に初出場を果たしたのは1998年。その前年まで日本代表ディフェンダーとして活躍し、初出場を後押ししたのが、“茶髪の貴公子”と呼ばれアイドル的人気を誇った柳本啓成さん(44)だ。今どうしているのか。

■「自分の分身が戦っているような感じ」

 柳本さんに会ったのは、奈良市宝来町のサッカースクール「YANAGI FIELD」。近鉄奈良線学園前駅から車で10分走った、住宅や田畑に囲まれた場所にある。

「株式会社を設立し、ここにスクールを開いて9年目になります。34歳で現役を引退した後、サッカーとは別の世界を見てみたくて、1年かけて世界中を旅して回りました。そのとき、どんな小さな町にもグラウンドがあるのを見て、ボクも子供たちが世界を目指せる環境をつくりたいと思ったんです。東大阪市で生まれ、小学2年からここで育ったので、故郷に恩返しをしたい気持ちもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る