元代表DF柳本啓成さんはスクール経営9年目、自ら指導も

公開日: 更新日:

 2018年サッカーW杯ロシア大会のアジア最終予選が行われている。日本がW杯に初出場を果たしたのは1998年。その前年まで日本代表ディフェンダーとして活躍し、初出場を後押ししたのが、“茶髪の貴公子”と呼ばれアイドル的人気を誇った柳本啓成さん(44)だ。今どうしているのか。

■「自分の分身が戦っているような感じ」

 柳本さんに会ったのは、奈良市宝来町のサッカースクール「YANAGI FIELD」。近鉄奈良線学園前駅から車で10分走った、住宅や田畑に囲まれた場所にある。

「株式会社を設立し、ここにスクールを開いて9年目になります。34歳で現役を引退した後、サッカーとは別の世界を見てみたくて、1年かけて世界中を旅して回りました。そのとき、どんな小さな町にもグラウンドがあるのを見て、ボクも子供たちが世界を目指せる環境をつくりたいと思ったんです。東大阪市で生まれ、小学2年からここで育ったので、故郷に恩返しをしたい気持ちもありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  7. 7

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  8. 8

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る