当たれば賞金1億円 ナゴヤドームで“看板弾”実現の確率は

公開日: 更新日:

 開幕4連敗の中日ファンにとってはビッグな話題だ。ナゴヤドームには今年から、幅約106メートルの大型ビジョンが設置された。CBCテレビは4日、モニター上の同社広告看板に打球が当たった場合、当てた選手と一般視聴者に計1億円の賞金を贈ると発表した。内訳は選手が5000万円、視聴者は抽選で50人に100万円ずつだ。

 カネを出すCBCは「選手に素晴らしいパフォーマンスを期待し、中日ファンを中心とした野球ファンの皆さんに夢を持ってもらいたい」とはいうものの、この看板弾は推定173メートル以上の飛距離が必要になるという。中日のビシエドやゲレーロだって、そんな特大弾はまず打てない。

 国内では、西武時代のカブレラがホームで行われた2005年の横浜戦で放った推定飛距離180メートルのホームランが最長といわれている。ナゴヤドームなら、09年5月の広島戦でブランコが高さ50メートルの天井スピーカーに当てた一発だろう。ブランコの打球は同球場初の認定本塁打となったが、あの大飛球でも推定飛距離は160メートルだった。ファンの間からは「モニター上の看板に当てられる可能性は、中日がAクラスになる以上に低い」という声も……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る