ヤクルト由規が2勝目 父親の“アクシデント”が一役買う

公開日: 更新日:

 14日の楽天戦に先発した由規(27)。6四球と制球に苦しみながらも7回1失点で今季2勝目を挙げた。お立ち台での「とにかく仙台人らしく粘っこくいきました」という相手の楽天を意識したコメントには、余裕すら感じられた。

 ヤクルト交流戦14試合目にして初のホームでの勝利。由規は試合後、「四球が多かったけど、伊藤(智仁投手)コーチに『四球は何個出してもゼロに抑えれば問題ないから』と声をかけられて開き直れた」と振り返った。さらに、精度を高めているフォークについては「前に比べたら首を振って自分の意思で投げている部分もあるので、自信になってきたのかなと思う」と話した。

 その一方で、自身の課題については「技術面以上に精神面にある」と、こう分析する。

「前回(1日のオリックス戦)は、変化球ありきのストレートになってしまっていた。ピンチになるとどうしても腕が“緩む”ので、そこをしっかり振り切るように意識しています。精神的に追い込まれて、ピッチングに変化が出て不安定になるのが自分の課題なので、もっと大胆な気持ちで投げなきゃなと」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  4. 4

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  7. 7

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

もっと見る