衝撃デビューも遠い過去 「モンゴルの怪物」逸ノ城の凋落

公開日: 更新日:

 ケーキやお菓子が大好きというだけあって、デビュー当初は199キロだった体重は一番重かった時期で214キロ。本人も「200キロを超えたら人間じゃない。馬ですよ」と嘆いていた。昨年9月場所は椎間板ヘルニアで休場。デカくて稽古嫌いなのだから、足腰への負担も大きい。

 現在は禁酒やトレーニングで197キロまで減量。1月場所は11勝4敗と後半まで優勝戦線に残った。以前に比べて粘り腰も出てきたが、やはり上位の壁にはね返され続けている。

「『巨体だけど機敏』は昔の話。足腰を痛めている今は身軽な相撲など期待できない。対戦相手も腕力に長ける逸ノ城と組まないなど、対策も立てられている。腰が高いので、懐に潜り込まれると何もできないのも欠点です。スタミナもないので粘られると弱いと、八方ふさがり。それでも体格が体格だけに、下位の力士にはそう負けないが……」(相撲記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る