岡崎と本田が召集外…ハリル監督が込めたそれぞれの意味

公開日: 更新日:

 日本代表2連戦(10月6日・ニュージーランド戦=豊田、同10日・ハイチ戦=横浜)に向けた日本代表24人が28日に発表された。初招集は車屋紳太郎だけだったが、主軸を張ってきたパチューカFW本田圭佑とレスターFW岡崎慎司の「31歳組」が招集外。中でも本田の招集外は、ハリル体制27試合目にして初めてである(国内組で臨んだ15年8月の東アジア杯を除く)。

■「亀のようにじっくり」

 会見でハリルは「現時点の体調では代表でプレーできない。しっかりトレーニングしてほしい」とコメント。本田は「先は長い。亀のようにじっくり確実に進むよ」と自身のSNSを更新した。

「指揮官は、本田に対して『10月は心身ともにベストの状態に戻し、11月にブラジル、ベルギーと対戦する欧州遠征に照準を合わせてほしい』というメッセージが含まれている。しかしながら欧州遠征で本田のストロングポイントであるフィジカルの強さ、ボールのキープ力、ここぞという局面での決定力が発揮できない場合、本田の日本代表内の立ち位置は、非常に厳しいものになってしまう。本田は体調を整えた上にメキシコリーグで存在感を見せなければならず、決して安閑とはしていられません。岡崎の場合、所属レスターで好調を維持。指揮官の胸の内は『英プレミアでゴールを量産し、11月の欧州遠征で強豪相手にゴールを決めろ!』です。岡崎の招集外には『期待の裏返し』と本田とは違った意味合いが含まれている」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    知事選固辞の辰巳琢郎が二の足踏んだ石田純一の“二の舞い”

もっと見る