岡崎と本田が召集外…ハリル監督が込めたそれぞれの意味

公開日:

 日本代表2連戦(10月6日・ニュージーランド戦=豊田、同10日・ハイチ戦=横浜)に向けた日本代表24人が28日に発表された。初招集は車屋紳太郎だけだったが、主軸を張ってきたパチューカFW本田圭佑とレスターFW岡崎慎司の「31歳組」が招集外。中でも本田の招集外は、ハリル体制27試合目にして初めてである(国内組で臨んだ15年8月の東アジア杯を除く)。

■「亀のようにじっくり」

 会見でハリルは「現時点の体調では代表でプレーできない。しっかりトレーニングしてほしい」とコメント。本田は「先は長い。亀のようにじっくり確実に進むよ」と自身のSNSを更新した。

「指揮官は、本田に対して『10月は心身ともにベストの状態に戻し、11月にブラジル、ベルギーと対戦する欧州遠征に照準を合わせてほしい』というメッセージが含まれている。しかしながら欧州遠征で本田のストロングポイントであるフィジカルの強さ、ボールのキープ力、ここぞという局面での決定力が発揮できない場合、本田の日本代表内の立ち位置は、非常に厳しいものになってしまう。本田は体調を整えた上にメキシコリーグで存在感を見せなければならず、決して安閑とはしていられません。岡崎の場合、所属レスターで好調を維持。指揮官の胸の内は『英プレミアでゴールを量産し、11月の欧州遠征で強豪相手にゴールを決めろ!』です。岡崎の招集外には『期待の裏返し』と本田とは違った意味合いが含まれている」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る