• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

岡崎と本田が召集外…ハリル監督が込めたそれぞれの意味

 日本代表2連戦(10月6日・ニュージーランド戦=豊田、同10日・ハイチ戦=横浜)に向けた日本代表24人が28日に発表された。初招集は車屋紳太郎だけだったが、主軸を張ってきたパチューカFW本田圭佑とレスターFW岡崎慎司の「31歳組」が招集外。中でも本田の招集外は、ハリル体制27試合目にして初めてである(国内組で臨んだ15年8月の東アジア杯を除く)。

■「亀のようにじっくり」

 会見でハリルは「現時点の体調では代表でプレーできない。しっかりトレーニングしてほしい」とコメント。本田は「先は長い。亀のようにじっくり確実に進むよ」と自身のSNSを更新した。

「指揮官は、本田に対して『10月は心身ともにベストの状態に戻し、11月にブラジル、ベルギーと対戦する欧州遠征に照準を合わせてほしい』というメッセージが含まれている。しかしながら欧州遠征で本田のストロングポイントであるフィジカルの強さ、ボールのキープ力、ここぞという局面での決定力が発揮できない場合、本田の日本代表内の立ち位置は、非常に厳しいものになってしまう。本田は体調を整えた上にメキシコリーグで存在感を見せなければならず、決して安閑とはしていられません。岡崎の場合、所属レスターで好調を維持。指揮官の胸の内は『英プレミアでゴールを量産し、11月の欧州遠征で強豪相手にゴールを決めろ!』です。岡崎の招集外には『期待の裏返し』と本田とは違った意味合いが含まれている」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る