サラリーの条件は韓国と日本ではそんなに変わらなかった

公開日: 更新日:

 朴監督が日本バドミントンの強化に努めて14年。日本はリオ五輪で金1、銅1のメダルを獲得した。一方、母国である韓国は女子ダブルスの銅1個だけ。08年の北京ではメダルゼロの日本に対して韓国は金、銀、銅各1の計3個だった。14年間で実力が逆転。母国からのオファーはなかったのか。

  ◇  ◇  ◇

 実は、リオ五輪前の2015年9月の段階で、日本バドミントン協会との契約延長が内定していました。でも、これはトップシークレット。公表されていませんでした。

 リオ五輪後、韓国ではオリンピック委員会(KOC)の会長が代わって、私の韓国体育大学時代の先生になった。去年9月、コリアオープンに行ったときのことです。大会前と大会中、会長に2回呼び出されてミーティングをしました。「朴さんのサポートがないとダメだから韓国に戻ってください」「あなたのプラン通りにできるように環境を整える。お金の部分でもサポートできる」と言われました。韓国はリオで過去一番悪い成績だったから、こういう話は来るだろうなと覚悟はしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る