サラリーの条件は韓国と日本ではそんなに変わらなかった

公開日: 更新日:

 朴監督が日本バドミントンの強化に努めて14年。日本はリオ五輪で金1、銅1のメダルを獲得した。一方、母国である韓国は女子ダブルスの銅1個だけ。08年の北京ではメダルゼロの日本に対して韓国は金、銀、銅各1の計3個だった。14年間で実力が逆転。母国からのオファーはなかったのか。

  ◇  ◇  ◇

 実は、リオ五輪前の2015年9月の段階で、日本バドミントン協会との契約延長が内定していました。でも、これはトップシークレット。公表されていませんでした。

 リオ五輪後、韓国ではオリンピック委員会(KOC)の会長が代わって、私の韓国体育大学時代の先生になった。去年9月、コリアオープンに行ったときのことです。大会前と大会中、会長に2回呼び出されてミーティングをしました。「朴さんのサポートがないとダメだから韓国に戻ってください」「あなたのプラン通りにできるように環境を整える。お金の部分でもサポートできる」と言われました。韓国はリオで過去一番悪い成績だったから、こういう話は来るだろうなと覚悟はしていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  8. 8

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る