平昌2冠ある スピードS小平奈緒の強さを元五輪代表が解説

公開日:

 日本勢初の2冠達成に注目が集まっている。

 小平奈緒(31)は今季のW杯で向かうところ敵なし。開幕戦(2017年11月)のヘーレンフェイン(オランダ)大会から同12月のソルトレークシティー(米国)大会まで500メートル、1000メートル合わせて10勝をマーク。12月には好タイムを連発し、500メートルでは日本新(36秒50)、1000メートルでは世界新(1分12秒09)をたたき出した。

 長らく日本女子を牽引してきたが、14年ソチ五輪で惨敗(500メートル5位、1000メートル13位)し、スピードスケートの本場オランダに単身留学。98年長野、06年トリノ五輪1000メートル金メダルのマリアンヌ・ティメルら、オランダ人コーチの指導を受けて滑りを磨いた。スケート王国での2年間の修行では技術的なことに加え、より効率的な力の伝え方を身につけたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る