栄監督も娘も強敵 パワハラ騒動の伊調馨を待つ若手の刺客

公開日: 更新日:

 かつての絶対女王、にいばらの道が待ち受けている。

 恩師である栄和人日本レスリング協会強化本部長(57)によるパワハラ被害を訴えた女子レスリングの伊調馨(33)が、強烈なしっぺ返しを食らいそうだからだ。

 16年リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した伊調は依然として、去就は明言していない。仮に現役続行を決断し、20年東京大会に出場するには、来年の世界選手権での代表入りが選考基準の一つになっている。そのため、年内には復帰しなければならず、早ければ6月の明治杯、遅くとも12月の全日本選手権のマットに上がる必要がある。

 まずは来年の世界選手権代表選考を兼ねた全日本選手権での優勝を目指すことになるわけだが、マットには刺客が多そうなのだ。

 これまで伊調が絶対王者として君臨した58キロ級は勝ち目がないため、国内の大会では階級を変更して出場する選手が少なくなかった。世界選手権選考会を兼ねた15年の明治杯で、伊調の58キロ級(当時)にエントリーしたのは本人も含めて3人。シードの伊調は1回勝っただけで、やすやすと代表入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る