• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄監督も娘も強敵 パワハラ騒動の伊調馨を待つ若手の刺客

 かつての絶対女王、にいばらの道が待ち受けている。

 恩師である栄和人日本レスリング協会強化本部長(57)によるパワハラ被害を訴えた女子レスリングの伊調馨(33)が、強烈なしっぺ返しを食らいそうだからだ。

 16年リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した伊調は依然として、去就は明言していない。仮に現役続行を決断し、20年東京大会に出場するには、来年の世界選手権での代表入りが選考基準の一つになっている。そのため、年内には復帰しなければならず、早ければ6月の明治杯、遅くとも12月の全日本選手権のマットに上がる必要がある。

 まずは来年の世界選手権代表選考を兼ねた全日本選手権での優勝を目指すことになるわけだが、マットには刺客が多そうなのだ。

 これまで伊調が絶対王者として君臨した58キロ級は勝ち目がないため、国内の大会では階級を変更して出場する選手が少なくなかった。世界選手権選考会を兼ねた15年の明治杯で、伊調の58キロ級(当時)にエントリーしたのは本人も含めて3人。シードの伊調は1回勝っただけで、やすやすと代表入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る