• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

栄監督も娘も強敵 パワハラ騒動の伊調馨を待つ若手の刺客

 かつての絶対女王、にいばらの道が待ち受けている。

 恩師である栄和人日本レスリング協会強化本部長(57)によるパワハラ被害を訴えた女子レスリングの伊調馨(33)が、強烈なしっぺ返しを食らいそうだからだ。

 16年リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した伊調は依然として、去就は明言していない。仮に現役続行を決断し、20年東京大会に出場するには、来年の世界選手権での代表入りが選考基準の一つになっている。そのため、年内には復帰しなければならず、早ければ6月の明治杯、遅くとも12月の全日本選手権のマットに上がる必要がある。

 まずは来年の世界選手権代表選考を兼ねた全日本選手権での優勝を目指すことになるわけだが、マットには刺客が多そうなのだ。

 これまで伊調が絶対王者として君臨した58キロ級は勝ち目がないため、国内の大会では階級を変更して出場する選手が少なくなかった。世界選手権選考会を兼ねた15年の明治杯で、伊調の58キロ級(当時)にエントリーしたのは本人も含めて3人。シードの伊調は1回勝っただけで、やすやすと代表入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る