栄監督も娘も強敵 パワハラ騒動の伊調馨を待つ若手の刺客

公開日:

 かつての絶対女王、にいばらの道が待ち受けている。

 恩師である栄和人日本レスリング協会強化本部長(57)によるパワハラ被害を訴えた女子レスリングの伊調馨(33)が、強烈なしっぺ返しを食らいそうだからだ。

 16年リオ五輪で前人未到の4連覇を達成した伊調は依然として、去就は明言していない。仮に現役続行を決断し、20年東京大会に出場するには、来年の世界選手権での代表入りが選考基準の一つになっている。そのため、年内には復帰しなければならず、早ければ6月の明治杯、遅くとも12月の全日本選手権のマットに上がる必要がある。

 まずは来年の世界選手権代表選考を兼ねた全日本選手権での優勝を目指すことになるわけだが、マットには刺客が多そうなのだ。

 これまで伊調が絶対王者として君臨した58キロ級は勝ち目がないため、国内の大会では階級を変更して出場する選手が少なくなかった。世界選手権選考会を兼ねた15年の明治杯で、伊調の58キロ級(当時)にエントリーしたのは本人も含めて3人。シードの伊調は1回勝っただけで、やすやすと代表入りを決めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る