• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初打席初安打デビューも エンゼルス大谷は左腕に不安残す

 全米が注目する二刀流ルーキーが、まずは打者として結果を出した。

 大リーグは29日(日本時間30日)、全30チームが50年ぶりに同時開幕。エンゼルス・大谷翔平(23)は敵地オークランドでのアスレチックス戦に「8番・DH」でスタメン出場。5打数1安打だった。

 大谷のメジャー初打席は二回。敵地のファンによるブーイングを浴びながら打席に向かった。2死一塁から相手先発右腕グレーブマンの初球、内角に食い込んでくる147キロのツーシームを捉えて一、二塁間を強烈なゴロで破る右前打を放ち、メジャー初安打を記録した。一塁ベースコーチから何ごとか声をかけられると、安堵の表情を見せ、自軍の攻撃を終えてベンチに引き揚げると、ナインにハイタッチで迎えられた。

 大谷はオープン戦で、手元から内角に食い込む変化球を打ちあぐね、打率1割2分5厘と低迷。開幕直前に、それまでの一本足打法から、すり足に変更し、初打席で見事に攻略してみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る