4・2先発決定 エンゼルス大谷“突貫工事”で打撃改造の狙い

公開日:

 エンゼルスの大谷翔平(23)の開幕メジャーと4戦目(日本時間4月2日午前5時すぎ開始の対アスレチックス戦)の先発が決まった。

 その大谷は開幕直前になって、打撃フォームを変更。これまでは右足を上げた一本足でタイミングを取っていたものの、同27日のドジャース戦ではすり足に。開幕3日前になって突然、フォームを変えた狙いはメジャー投手への対応だろう。

 野手としてここまでオープン戦11試合に出場して32打数4安打の打率・125。メジャー投手特有の動く速球や、投球テンポの速さに対応できずにいたからだ。

「メジャーでも本塁打を量産するつもりでしょうが、結果が出ない。さすがにこのままではマズいという危機感の表れですよ」と、ア・リーグのさるスカウトがこう言った。

「動く速球や速い投球テンポに対応しようと思ったら、足を上げ、反動をつけてたんじゃ間に合わない。日本でシーズン25本塁打したイチローにしても、メジャー入りするなり振り子打法を断念したほど。飛距離を多少、犠牲にしてでも、ボールを正確にとらえることを優先すべきということでしょう。開幕後も打率1割ちょっとでは、打者として見切りをつけられるかもしれませんからね」

 すり足打法に変えた大谷は、その日の試合でドジャースの左腕のヒルから左前安打。さっそく結果を出したものの、開幕後も突貫工事が奏功するか見ものではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る