「日本の恥」と罵られ 内藤大助に火を付けた34秒KOの屈辱

公開日:

 WBC世界フライ級王座を5度防衛し、7年前に引退後は解説者、タレントやボクシング解説者として活躍中の内藤大助さん(43)。15年間にわたる現役生活の中で闘争心に大きく火をつけたのはタイで行った世界タイトル初挑戦だった。

 ◇  ◇  ◇

 敵地タイでWBC世界フライ級王者、ポンサックレック・シンワンチャーに挑戦したのは2002年4月19日でした。これはその時の試合前、現地で撮影したトレーニング写真です。当時、27歳。プロデビューが22歳と遅咲きだったため、無敗記録を残しながらも出遅れ感のある世界タイトル初挑戦でした。わずか21歳でWBC世界ミニマム級王者になった井岡(一翔)君とはまったく違う、泥臭い道を歩んでいたんです。

 その後、3度グローブを交えることになるポンサックレックは全盛期を迎えていて前評判は圧倒的にボクに不利。もとよりアウェーですしね。試合はタイではよくありがちな屋根だけついてる屋外リングで、気温は40度を超えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る