• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本の恥」と罵られ 内藤大助に火を付けた34秒KOの屈辱

 WBC世界フライ級王座を5度防衛し、7年前に引退後は解説者、タレントやボクシング解説者として活躍中の内藤大助さん(43)。15年間にわたる現役生活の中で闘争心に大きく火をつけたのはタイで行った世界タイトル初挑戦だった。

 ◇  ◇  ◇

 敵地タイでWBC世界フライ級王者、ポンサックレック・シンワンチャーに挑戦したのは2002年4月19日でした。これはその時の試合前、現地で撮影したトレーニング写真です。当時、27歳。プロデビューが22歳と遅咲きだったため、無敗記録を残しながらも出遅れ感のある世界タイトル初挑戦でした。わずか21歳でWBC世界ミニマム級王者になった井岡(一翔)君とはまったく違う、泥臭い道を歩んでいたんです。

 その後、3度グローブを交えることになるポンサックレックは全盛期を迎えていて前評判は圧倒的にボクに不利。もとよりアウェーですしね。試合はタイではよくありがちな屋根だけついてる屋外リングで、気温は40度を超えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る