「日本の恥」と罵られ 内藤大助に火を付けた34秒KOの屈辱

公開日: 更新日:

 WBC世界フライ級王座を5度防衛し、7年前に引退後は解説者、タレントやボクシング解説者として活躍中の内藤大助さん(43)。15年間にわたる現役生活の中で闘争心に大きく火をつけたのはタイで行った世界タイトル初挑戦だった。

 ◇  ◇  ◇

 敵地タイでWBC世界フライ級王者、ポンサックレック・シンワンチャーに挑戦したのは2002年4月19日でした。これはその時の試合前、現地で撮影したトレーニング写真です。当時、27歳。プロデビューが22歳と遅咲きだったため、無敗記録を残しながらも出遅れ感のある世界タイトル初挑戦でした。わずか21歳でWBC世界ミニマム級王者になった井岡(一翔)君とはまったく違う、泥臭い道を歩んでいたんです。

 その後、3度グローブを交えることになるポンサックレックは全盛期を迎えていて前評判は圧倒的にボクに不利。もとよりアウェーですしね。試合はタイではよくありがちな屋根だけついてる屋外リングで、気温は40度を超えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  3. 3

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  8. 8

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

  9. 9

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  10. 10

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

もっと見る