「日本の恥」と罵られ 内藤大助に火を付けた34秒KOの屈辱

公開日:

 WBC世界フライ級王座を5度防衛し、7年前に引退後は解説者、タレントやボクシング解説者として活躍中の内藤大助さん(43)。15年間にわたる現役生活の中で闘争心に大きく火をつけたのはタイで行った世界タイトル初挑戦だった。

 ◇  ◇  ◇

 敵地タイでWBC世界フライ級王者、ポンサックレック・シンワンチャーに挑戦したのは2002年4月19日でした。これはその時の試合前、現地で撮影したトレーニング写真です。当時、27歳。プロデビューが22歳と遅咲きだったため、無敗記録を残しながらも出遅れ感のある世界タイトル初挑戦でした。わずか21歳でWBC世界ミニマム級王者になった井岡(一翔)君とはまったく違う、泥臭い道を歩んでいたんです。

 その後、3度グローブを交えることになるポンサックレックは全盛期を迎えていて前評判は圧倒的にボクに不利。もとよりアウェーですしね。試合はタイではよくありがちな屋根だけついてる屋外リングで、気温は40度を超えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る