• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大アメフトずさん対応で露呈 大学体育会OB会は圧力団体

 アメフト部の悪質タックルをめぐる今回の日大側の対応の遅れ、ずさんさを招いたのは、同大アメフト部OBの関与があったことも否定できない。

 宮川選手の代理人である西畠正弁護士によれば、14、17日と2度にわたって、宮川の父親と本人、あるいは父親だけがOBの呼び出しを受けたという。

 会見で詳細は明らかにされなかったが、父親1人が呼び出されたことから察するに、例えばOBが事を穏便に済ませるために因果を含めようとするなど何らかの圧力があったのは想像に難くない。父親が日大アメフト部首脳陣に先方への謝罪意思を伝えたところ、内田監督は「今はやめてほしい」と言ったとしている。殺人タックルは監督、コーチの指示であることの公表を求めても、内田監督は首を縦に振らなかったという。

 今回の問題をこじらせた一因は、内田監督も含めた同大アメフト部OBにもあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る