日大アメフトずさん対応で露呈 大学体育会OB会は圧力団体

公開日: 更新日:

 アメフト部の悪質タックルをめぐる今回の日大側の対応の遅れ、ずさんさを招いたのは、同大アメフト部OBの関与があったことも否定できない。

 宮川選手の代理人である西畠正弁護士によれば、14、17日と2度にわたって、宮川の父親と本人、あるいは父親だけがOBの呼び出しを受けたという。

 会見で詳細は明らかにされなかったが、父親1人が呼び出されたことから察するに、例えばOBが事を穏便に済ませるために因果を含めようとするなど何らかの圧力があったのは想像に難くない。父親が日大アメフト部首脳陣に先方への謝罪意思を伝えたところ、内田監督は「今はやめてほしい」と言ったとしている。殺人タックルは監督、コーチの指示であることの公表を求めても、内田監督は首を縦に振らなかったという。

 今回の問題をこじらせた一因は、内田監督も含めた同大アメフト部OBにもあるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る