有名総合大も学部設立 体育大学や体育学部は得なのか?

公開日:

 スポーツの大学として真っ先に名前が挙がるのが日本体育大学だろう。1891年創設の体育・スポーツ科学の専門大学。五輪メダリストのスキージャンプの高梨沙羅選手、スピードスケートの高木美帆選手をはじめ、多くの一流アスリートを輩出してきた。

 近年は、早大、法大、同志社大、立命館大など有名総合大学もスポーツ関連学部を設立し、力を入れる。背景には、健康志向もあるのだろう。

 とはいえ、ほとんどの学生はスポーツで食いぶちを得るのは難しそうだ。それでも新しく学部が生まれるのはなぜか。学生にはどんなメリットがあるのか。

「スポーツ系学部はアスリートの養成だけが目的ではありません。国の政策もあり、介護やリハビリをはじめとした健康産業を発展させる役割も担っています。最近はスポーツクラブが増えていることもあり、体づくりや食生活を指導する人材も必要とされています。また、体育学部では心理学やマネジメントについても学ぶので、スポーツを生かしたあらゆる職業に就ける準備ができるのです」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る