有名総合大も学部設立 体育大学や体育学部は得なのか?

公開日:

 スポーツの大学として真っ先に名前が挙がるのが日本体育大学だろう。1891年創設の体育・スポーツ科学の専門大学。五輪メダリストのスキージャンプの高梨沙羅選手、スピードスケートの高木美帆選手をはじめ、多くの一流アスリートを輩出してきた。

 近年は、早大、法大、同志社大、立命館大など有名総合大学もスポーツ関連学部を設立し、力を入れる。背景には、健康志向もあるのだろう。

 とはいえ、ほとんどの学生はスポーツで食いぶちを得るのは難しそうだ。それでも新しく学部が生まれるのはなぜか。学生にはどんなメリットがあるのか。

「スポーツ系学部はアスリートの養成だけが目的ではありません。国の政策もあり、介護やリハビリをはじめとした健康産業を発展させる役割も担っています。最近はスポーツクラブが増えていることもあり、体づくりや食生活を指導する人材も必要とされています。また、体育学部では心理学やマネジメントについても学ぶので、スポーツを生かしたあらゆる職業に就ける準備ができるのです」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る