有名総合大も学部設立 体育大学や体育学部は得なのか?

公開日: 更新日:

 スポーツの大学として真っ先に名前が挙がるのが日本体育大学だろう。1891年創設の体育・スポーツ科学の専門大学。五輪メダリストのスキージャンプの高梨沙羅選手、スピードスケートの高木美帆選手をはじめ、多くの一流アスリートを輩出してきた。

 近年は、早大、法大、同志社大、立命館大など有名総合大学もスポーツ関連学部を設立し、力を入れる。背景には、健康志向もあるのだろう。

 とはいえ、ほとんどの学生はスポーツで食いぶちを得るのは難しそうだ。それでも新しく学部が生まれるのはなぜか。学生にはどんなメリットがあるのか。

「スポーツ系学部はアスリートの養成だけが目的ではありません。国の政策もあり、介護やリハビリをはじめとした健康産業を発展させる役割も担っています。最近はスポーツクラブが増えていることもあり、体づくりや食生活を指導する人材も必要とされています。また、体育学部では心理学やマネジメントについても学ぶので、スポーツを生かしたあらゆる職業に就ける準備ができるのです」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る