武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

トカゲ歩きの効果 ダニエル太郎が体現した“継続は力なり”

公開日:

 驚きの春になった。川内優輝のボストンマラソン優勝も仰天ニュースだったが、錦織圭の復活を待つ男子テニスで、ダニエル太郎がツアー初優勝したのには驚いた。

 日本の男子としては松岡修造、錦織圭、杉田祐一に次ぐ史上4人目の快挙だ。

 前々回、「クレーはダニエル太郎の季節」と書いた。書きはしたものの、まさか優勝するとは思わなかった。イスタンブールのATP250でのこと。ダニエルは当初、同じ週のポルトガルのエストリル250の予選に出場するつもりでいた。直前にイスタンブールで本戦ダイレクトインできると知り急きょ移動、そこで5勝したのだ。昨シーズンの成績が4勝10敗だったことを思えば、天にも昇る気分だろう。

 集中力が持続し、準々決勝、準決勝ともファイナルセットのブレークダウンから逆転勝ち。準々決勝では第3セットを0―4からひっくり返し、決勝でも先にセットポイントを握られながら踏ん張った。昨年秋、日本に拠点を移した転地効果は明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る