武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

トカゲ歩きの効果 ダニエル太郎が体現した“継続は力なり”

公開日: 更新日:

 驚きの春になった。川内優輝のボストンマラソン優勝も仰天ニュースだったが、錦織圭の復活を待つ男子テニスで、ダニエル太郎がツアー初優勝したのには驚いた。

 日本の男子としては松岡修造、錦織圭、杉田祐一に次ぐ史上4人目の快挙だ。

 前々回、「クレーはダニエル太郎の季節」と書いた。書きはしたものの、まさか優勝するとは思わなかった。イスタンブールのATP250でのこと。ダニエルは当初、同じ週のポルトガルのエストリル250の予選に出場するつもりでいた。直前にイスタンブールで本戦ダイレクトインできると知り急きょ移動、そこで5勝したのだ。昨シーズンの成績が4勝10敗だったことを思えば、天にも昇る気分だろう。

 集中力が持続し、準々決勝、準決勝ともファイナルセットのブレークダウンから逆転勝ち。準々決勝では第3セットを0―4からひっくり返し、決勝でも先にセットポイントを握られながら踏ん張った。昨年秋、日本に拠点を移した転地効果は明らかだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る