津田俊樹
著者のコラム一覧
津田俊樹国士舘大政経学部 非常勤講師

1975年4月産経新聞入社、プロ野球、五輪担当記者を経て運動部長、論説委員などを歴任。18年3月産経新聞を退職。元立命館大経営学部客員教授。現在、国士舘大政経学部非常勤講師(メディア論、マスコミ論)。「関学・京大・立命 アメフト三国志」(産経新聞出版)の監修に携わる。

<4>捜査機関に委ねれば加害選手は「被疑者」として扱われる

公開日: 更新日:

 アメリカンフットボールの名門、関学大は甲子園ボウル優勝28回、リーグ戦145連勝という大記録を持つ。栄光の歴史を築いてきた“青のDNA”を受け継ぐ選手のなかで屈指のQB(クオーターバック)といえば、誰もが1970年代中盤に活躍した猿木唯資さんを推すだろう。

 77年のリーグ戦は京大との全勝対決となった。闘将・水野弥一監督率いる京大ディフェンス陣にパスを阻まれると、自ら走ってタッチダウン、逆転勝利へつなげた。この雨中の激闘は、試合会場にちなみ「涙の日生球場」と語り継がれている。

 猿木さんは翌年4月の近大戦で脊髄を損傷する大ケガを負い、二度とフィールドに立てなくなった。税理士として再起した偉大なQBは当時を次のように振り返る。

「タックルより先に自分から倒れたときに、変な体勢で首から落ちたんです。それが原因でしょうけど、よく覚えていません。いろんな人から励まされ、元気をもらいました。ケガをしましたが、私にとってアメフトは人生そのものです」(「アメフト三国志」)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  2. 2

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  3. 3

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  4. 4

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  5. 5

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  6. 6

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  7. 7

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    子供の「買って買って病」に抜群に効くシンプルな方法!

  10. 10

    平井堅とんだトバッチリ「4分間のマリーゴールド」低迷で

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る