全仏OP錦織圭は“天敵”に逆転勝ち 大坂なおみと共に3回戦へ

公開日: 更新日:

 日本の男女エースが順当に勝ち上がった。

 テニスの全仏オープン(パリ)は30日、男女シングルスの2回戦を行い、男子は世界ランキング21位で第19シードの錦織圭(28)が、同51位のブノワ・ペール(29=フランス)と対戦し、逆転勝ち。女子では世界20位で第21シードの大坂なおみ(20)が、同51位のザリナ・ディアス(24=カザフスタン)をストレートで下し、それぞれ3回戦進出を決めた。

 次戦で錦織は2回戦で第12シードのクエリーを破った元世界6位ジル・シモン(33=フランス)と対戦。大坂は昨年の全米オープンで準優勝した第13シードのマディソン・キーズ(23=米国)と当たる。

▽錦織のコメント
「タフな試合だった。浅くなった球を狙われ、深い返球、アグレッシブなプレーを強いられた。最終セットはうまくできたと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る