全仏OP錦織圭は“天敵”に逆転勝ち 大坂なおみと共に3回戦へ

公開日:

 日本の男女エースが順当に勝ち上がった。

 テニスの全仏オープン(パリ)は30日、男女シングルスの2回戦を行い、男子は世界ランキング21位で第19シードの錦織圭(28)が、同51位のブノワ・ペール(29=フランス)と対戦し、逆転勝ち。女子では世界20位で第21シードの大坂なおみ(20)が、同51位のザリナ・ディアス(24=カザフスタン)をストレートで下し、それぞれ3回戦進出を決めた。

 次戦で錦織は2回戦で第12シードのクエリーを破った元世界6位ジル・シモン(33=フランス)と対戦。大坂は昨年の全米オープンで準優勝した第13シードのマディソン・キーズ(23=米国)と当たる。

▽錦織のコメント
「タフな試合だった。浅くなった球を狙われ、深い返球、アグレッシブなプレーを強いられた。最終セットはうまくできたと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る