サッカーは「自立した人間が集まって初めて成功できる」

公開日: 更新日:

 昌子家も息子・源を育てる過程には紆余曲折があった。せっかく入ったG大阪ユースを辞めてサッカーから遠ざかり、素行不良だった中学時代。母の直美さんも、力さんと一緒になって朝帰りの息子をボコボコにした。「親も本気なんや!ってところを見せる必要があると思ったんです」と直美さんは述懐する。 

 米子北高校に送り出してからも頻繁に車で鳥取に通い、鹿島入りしてからは20歳になるまで給料を預かり、一定額を渡して<年齢相応の金銭感覚>を含めた自己生活管理力を養わせた。

「20歳になった時、通帳と(それまでの)差額を渡して『これからは自分でやれ』と伝えました」と力さんも言う。そうやって息子の25年の人生を縁の下から支えてきた両親でさえ、W杯の舞台で挫折した姿を目の当たりにしたとき、本当にどうにもならなかったのだ。


「子供を自立させることは、日本人にとって重要なテーマです。ロシアで16強入りした日本代表は本田(圭佑=メルボルンMF)みたいに(自分のポリシーを)しっかり話せる人間もいたし、(周囲の言葉を的確に)聞く耳を持っている選手もいた。だから西野(朗監督)さんのミーティング重視のチームづくりが有効だった。自立した人間が集まって、初めて成功できる。ロシアW杯は、そのことを再認識する良い機会になったと思います」(力さん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  9. 9

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る