大坂なおみ好発進 目標の「年内ベスト5入り」達成の根拠

公開日: 更新日:

 なにしろ、日本勢として初めてグランドスラムを制した直後の凱旋試合だ。

 例によってテレビやスポーツ紙は大騒ぎ。巷では、ちょっとした「大坂フィーバー」まで起きている。しかも、初戦の相手は14年の全豪オープン準優勝のチブルコバ(29=スロバキア、世界ランク30位)だ。天真爛漫な大坂なおみ(20=同7位)といえども、多少のプレッシャーはあって当然。足をすくわれる可能性もないわけではなかった。

 が、苦戦どころか、6―2、6―1の快勝。強烈なサーブに加え、多彩なショットで相手に付け入る隙を与えない。たったの59分で実力者を退けた。

「あまり緊張は感じなかった。たくさんの方が見に来てくれ、むしろエキサイティングだった。きょうは髙いレベルで試合ができた」とは試合後の本人。それなら「今季中のベスト5入り」という目標は達成できるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

もっと見る