二軍でラグビー日本戦 オールブラックスはそれでも超難敵

公開日:

 18日、日本ラグビー協会は、日本とのテストマッチ(11月3日・東京)のため来日するニュージーランド代表(オールブラックス)のメンバー51人を発表。主力メンバー32人の他、新たに19人を加えた大所帯で来日する。

 オールブラックスは宿敵豪州と戦うブレディスローカップ(国際対抗戦=27日・横浜)にベストの布陣で臨む上に、11月には欧州遠征が控えていることもあり、翌週の日本戦は追加招集の19人主体のメンバー構成になる。その19人には、今季のスーパーラグビーで15トライを挙げ、クルセーダーズの連覇に貢献したWTB、FBのジョージ・ブリッジ(23)ら将来を嘱望される逸材も含まれているものの、初代表の若手が10人を占めている。

 日本は、二軍との対戦とはいえ、オールブラックス相手に金星を挙げたり、負けても善戦すれば、南アフリカを破った2015年W杯に次ぐサプライズとなる。自国開催の19年W杯の注目度は高まりそうだが、そこは腐っても3度のW杯制覇を誇る最強国だ。日本の思惑通りにはいきそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る