体操男子個人総合7位 白井“ひねり王子”復権に15センチの壁

公開日: 更新日:

 体操世界選手権の男子個人総合で7位に終わった白井健三(22)。

 2020年東京五輪では、これまで絶対王者として君臨した内村航平(29)に代わる日本のエースとして期待されながら表彰台にすら立てなかった。

 白井は「自分がやれることをやり切っての順位」と振り返ったが、不完全燃焼なのは明らか。自身の名が付いた最高H難度の大技「シライ3」(後方伸身2回宙返り3回ひねり)を封印せざるを得なかったからだ。

 今大会、国際体操連盟(FIG)は男女とも中国製の器具を採用。日本や欧州の器具に比べて、全体的に硬いため、各国の選手から不評だった。

 白井が得意とする床も普段、使用している国内製のものと比べ、弾力性がない。武器とする高難度の技を繰り出す際、弾みをつけるために踏ん張っても跳ね返りが少ないため、高く跳べない。難度の高い技を持つ選手ほど、不利になると予想されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る