体操男子個人総合7位 白井“ひねり王子”復権に15センチの壁

公開日:  更新日:

 体操世界選手権の男子個人総合で7位に終わった白井健三(22)。

 2020年東京五輪では、これまで絶対王者として君臨した内村航平(29)に代わる日本のエースとして期待されながら表彰台にすら立てなかった。

 白井は「自分がやれることをやり切っての順位」と振り返ったが、不完全燃焼なのは明らか。自身の名が付いた最高H難度の大技「シライ3」(後方伸身2回宙返り3回ひねり)を封印せざるを得なかったからだ。

 今大会、国際体操連盟(FIG)は男女とも中国製の器具を採用。日本や欧州の器具に比べて、全体的に硬いため、各国の選手から不評だった。

 白井が得意とする床も普段、使用している国内製のものと比べ、弾力性がない。武器とする高難度の技を繰り出す際、弾みをつけるために踏ん張っても跳ね返りが少ないため、高く跳べない。難度の高い技を持つ選手ほど、不利になると予想されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る