内村航平と違い…白井健三に足りない印象度「シライ採点」

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(ドーハ)は31日、男子個人総合決勝を行い、白井健三(22)が、6種目合計84.531点で7位、萱和磨(21)は84.765点で6位で、日本勢では1995年以来23年ぶりのメダルなしに終わった。

 白井は、床と跳馬で自身の名前を冠した技を持つ種目別のスペシャリストとはいえ、絶対王者として君臨し続けた内村航平とは違い、審判の目は依然としてシビアだ。

 他の採点競技ほどではないにしろ、体操でもトップ選手は印象度がジャッジを左右するケースもある。かつての内村も0.5点ほどの加点があったとされる。これまでの実績から細かいミスは減点を免れるなど「内村採点」があったためだ。

 白井は床と跳馬のスペシャリストでも、個人総合の実績に乏しいだけに、内村ほどのインパクトはない。「白井採点」を得るには、今後の国際大会で審判団を魅了する安定感のある演技が必要になる。

 白井の話「やり切れることをやって、この順位。すごく満足している。明確な課題も見えたので、今後に生かしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る