内村航平と違い…白井健三に足りない印象度「シライ採点」

公開日: 更新日:

 体操の世界選手権(ドーハ)は31日、男子個人総合決勝を行い、白井健三(22)が、6種目合計84.531点で7位、萱和磨(21)は84.765点で6位で、日本勢では1995年以来23年ぶりのメダルなしに終わった。

 白井は、床と跳馬で自身の名前を冠した技を持つ種目別のスペシャリストとはいえ、絶対王者として君臨し続けた内村航平とは違い、審判の目は依然としてシビアだ。

 他の採点競技ほどではないにしろ、体操でもトップ選手は印象度がジャッジを左右するケースもある。かつての内村も0.5点ほどの加点があったとされる。これまでの実績から細かいミスは減点を免れるなど「内村採点」があったためだ。

 白井は床と跳馬のスペシャリストでも、個人総合の実績に乏しいだけに、内村ほどのインパクトはない。「白井採点」を得るには、今後の国際大会で審判団を魅了する安定感のある演技が必要になる。

 白井の話「やり切れることをやって、この順位。すごく満足している。明確な課題も見えたので、今後に生かしたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る