太平洋マスターズ2日目 降雨サスペンデッドで選手の本音は

公開日: 更新日:

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 前日は富士山がクッキリ見えるほどの快晴だったが、この日は降雨による悪天候のためサスペンデッド。全選手がホールアウトできず、競技は翌日に持ち越しとなった。

「女心と秋の空」と言うように、この時季の天候は変わりやすい上に、会場のある御殿場は午後から気温がぐっと下がる。霧も有名で2015年大会は最終日が濃霧により中断が続き、結局中止。54ホールに短縮となり、3日目を終えて通算14アンダーで単独首位に立っていた片山晋呉が優勝。2打差の3位から逆転優勝を狙っていた招待選手のB・ワトソンは、72ホール行われずブ然とした表情を見せていた。

 松山がアマ時代に勝った11年大会も、2日目からの大雨でコースコンディション不良のため54ホールに短縮された。この時は「同じ54ホールでも悪条件の中でのスコアをカウントされた人と、そうでない人がいるのはアンフェア」という声が選手から上がった。

 今年は12日(月曜日)に予備日が設定されているが、コースは松山の初監修で全面改修されて評判は上々でも、気まぐれな秋の天気だけはどうにもならない。

 選手の本音は「御殿場でやるなら夏に限る」か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る