太平洋マスターズ2日目 降雨サスペンデッドで選手の本音は

公開日: 更新日:

【三井住友VISA太平洋マスターズ】

 前日は富士山がクッキリ見えるほどの快晴だったが、この日は降雨による悪天候のためサスペンデッド。全選手がホールアウトできず、競技は翌日に持ち越しとなった。

「女心と秋の空」と言うように、この時季の天候は変わりやすい上に、会場のある御殿場は午後から気温がぐっと下がる。霧も有名で2015年大会は最終日が濃霧により中断が続き、結局中止。54ホールに短縮となり、3日目を終えて通算14アンダーで単独首位に立っていた片山晋呉が優勝。2打差の3位から逆転優勝を狙っていた招待選手のB・ワトソンは、72ホール行われずブ然とした表情を見せていた。

 松山がアマ時代に勝った11年大会も、2日目からの大雨でコースコンディション不良のため54ホールに短縮された。この時は「同じ54ホールでも悪条件の中でのスコアをカウントされた人と、そうでない人がいるのはアンフェア」という声が選手から上がった。

 今年は12日(月曜日)に予備日が設定されているが、コースは松山の初監修で全面改修されて評判は上々でも、気まぐれな秋の天気だけはどうにもならない。

 選手の本音は「御殿場でやるなら夏に限る」か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る