ベストナイン大敗…ソフト甲斐キャノン落選に“打率2分の壁”

公開日: 更新日:

 MVP男が落選した。

 26日、ベストナインが発表され、パの捕手部門は西武森友哉(23)が初選出。「甲斐キャノン」で今年の日本シリーズを盛り上げたソフトバンク甲斐拓也(26)は次点となった。得票数は森の「179」に対し、甲斐は「54」。トリプルスコアでの大敗だ。

 敗因はバットにある。今季のシーズン打率は.213。133試合に出場しながら打席数は363と少なく、規定打席未到達に終わった。試合の終盤に代打を送られることが主な原因。一方、森は136試合に出場、552打席に立ち、打率.275を残した。

 甲斐自身も日本一後、「僕は『全部』出て、キャッチャーだと思う。日本一の瞬間、マスクをかぶって投手と抱き合う。そこは今年もできませんでした」と打撃への課題を口にしていた。

 日本シリーズでは本塁打、打点ともにゼロで、14打数2安打、打率.143だったが、衝撃の強肩「甲斐キャノン」でMVPを獲得。捕手でのシリーズMVPは6度目で、これまでの古田や阿部らは打撃力も評価されて受賞していた。甲斐はそれらを覆したといわれたが、ベストナインはシーズンでの「総合力」が評価される。

 昨季は103試合、257打席で規定打席未到達でも、チームがリーグ優勝&日本一となったため、打率・232でベストナインを受賞した。

 チームのリーグ優勝はもとより、「打率2分の壁」が甲斐の課題となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田中圭の気になる進退…コロナ禍の誕生日パーティーで大炎上、ファンもドン引き

  2. 2

    菅総理は「ご飯論法」にさえなっていない 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

  3. 3

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  4. 4

    AKB48“未婚の初代神7”小嶋陽菜 ゴールインは大島優子の結婚報道でむしろ「遠のいた」

  5. 5

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

  6. 6

    <8>高橋尚子は五輪直前に左脚を故障、シューズに対する考えを変えた

  7. 7

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  8. 8

    島根県の丸山知事の“一時避難帰省支援”が再注目「医療崩壊の首都圏に住む県民近親者を守る」

  9. 9

    常識で考えろ! 安倍前首相「不起訴不当」が意味するもの

  10. 10

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

もっと見る