ベストナイン大敗…ソフト甲斐キャノン落選に“打率2分の壁”

公開日:

 MVP男が落選した。

 26日、ベストナインが発表され、パの捕手部門は西武の森友哉(23)が初選出。「甲斐キャノン」で今年の日本シリーズを盛り上げたソフトバンクの甲斐拓也(26)は次点となった。得票数は森の「179」に対し、甲斐は「54」。トリプルスコアでの大敗だ。

 敗因はバットにある。今季のシーズン打率は.213。133試合に出場しながら打席数は363と少なく、規定打席未到達に終わった。試合の終盤に代打を送られることが主な原因。一方、森は136試合に出場、552打席に立ち、打率.275を残した。

 甲斐自身も日本一後、「僕は『全部』出て、キャッチャーだと思う。日本一の瞬間、マスクをかぶって投手と抱き合う。そこは今年もできませんでした」と打撃への課題を口にしていた。

 日本シリーズでは本塁打、打点ともにゼロで、14打数2安打、打率.143だったが、衝撃の強肩「甲斐キャノン」でMVPを獲得。捕手でのシリーズMVPは6度目で、これまでの古田や阿部らは打撃力も評価されて受賞していた。甲斐はそれらを覆したといわれたが、ベストナインはシーズンでの「総合力」が評価される。

 昨季は103試合、257打席で規定打席未到達でも、チームがリーグ優勝&日本一となったため、打率・232でベストナインを受賞した。

 チームのリーグ優勝はもとより、「打率2分の壁」が甲斐の課題となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る