19年は本気モード 紀平梨花が「女子4回転時代」を牽引する

公開日: 更新日:

 2018年12月のグランプリ(GP)ファイナルでシニア1年目にして初優勝を果たし、一気にスターダムへのし上がった紀平梨花(16)。

 GPファイナルでは平昌五輪金メダリストのザギトワ(16)を撃破。ロシア勢に危機感を植え付け、「(バンクーバー五輪ロシア代表)レオノワが『アリーナ(ザギトワ)はキヒラに勝つため、トリプルアクセル(3A)を習得しなければならない』と提言した」と報じる現地メディアもあった。

 18年5月に改正された新ルールでは、3Aに比べて4回転は大幅に基礎点が下がった。出来栄え点の段階も±3から±5に増え、4回転は成功すれば加点が大きくなる一方、減点のリスクも高くなる。これらを踏まえても3Aに着手する選手が増えそうだが、22年の北京五輪を見据える紀平はGPファイナルの優勝翌日、こう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る