反町康治さん<1>先輩に丸紅を勧められたが就職は全日空に

公開日: 更新日:

 1浪後、慶応大学に合格。合格発表の帰り道に誘われたテニスサークルに名前も書いた。

「こりゃ~死ぬほどモテるだろ! って期待したんです。でも、サッカー部の監督とコーチが、契約したばかりの汚いアパートまで押しかけてきて、入りなよって。それで、サッカーを続けることになったんです」

 就職活動でも、優先したのは会社の雰囲気や仕事の内容だ。サッカーは二の次で、自分の将来のビジョンに合う会社を探した。

「航空業界に特別な興味があったわけではありません。ただ、グローバルな仕事をしたいって考えていましたね。僕が4年生になるとき、全日空は初めて国際線定期便の運航を開始した。これからどんどん海外に幅を広げていくようにみえたし、実際にそうなりましたが、勢いのある会社というイメージでしたね。その年の就職人気ランキングでも1位で、大学のOBの方に話を聞いても風通しが良さそうだった。慶応の先輩で、のちにサッカー協会会長になる大仁邦弥さんが、当時は三菱重工サッカー部の監督をされていて、一度、呼ばれて話をしたんです。『まあ、たぶん、おまえは通用しねえ~だろ』って言われたんですが、それがなくてもあまり気乗りしなかったですね。もちろん重工がグローバルな企業だと知っていましたが、旧財閥系じゃない方が、自分で切り開いていけるように思えたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  4. 4

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  5. 5

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  6. 6

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    宮迫への共演NG宣告は二重バッテン 吉本が本気の封じ込め

  9. 9

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  10. 10

    聖火リレーで初の感染例 警官は組織委の刑事罰を問えるか

もっと見る