米ドラフトを翻弄 敏腕代理人ボラス氏“4つのマジック”とは

公開日: 更新日:

 第4は今年炸裂した「NPBマジック」である。ボラスは故障持ちで評価が急落していた昨年の1巡目指名拒否組カーター・スチュワートが今年のドラフトでは2巡目指名になり契約金も150万ドル程度になると予想。日本の金満球団のソフトバンクに売り込んで総額8億円の契約をまとめた。これに対するMLBの出方が注目される。

(スポーツライター・友成那智)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  9. 9

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  10. 10

    LiSAは「鬼滅」だけじゃない 紅白をさらに楽しむ“必聴3曲”

もっと見る