山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

巨人の後輩・上原にも敬意 槙原寛己の「軽さ」に凄みが

公開日: 更新日:

 先日、TBS系のスポーツ情報番組「S1」に現役引退を表明したばかりの元巨人上原浩治氏(以下敬称略)が生出演していた。同番組には上原の他に、御大・野村克也氏(同)も特別ゲストとして出演。つまり、「野村×上原」という超豪華なツーショットを最大の目玉として、番組が構成されたわけだ。

 同番組ではこの2人が横並びで座り、その対面にレギュラー出演者である元巨人の槙原寛己氏(同)と男性アナウンサーを配置。これによって、槙原は「野村×上原」というレジェンド2人にさまざまな話題をぶつける役割を担うことになった。たとえば、高校球界で注目を集める最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(大船渡高)の話題になると、野村も上原も彼を絶賛する言葉を発し、槙原が感心したような相づちを打っていた。

 なるほど、どうして引退後の槙原が野球評論家として、あるいはタレントとして安定的に活躍できるのか、その理由がよくわかった。槙原は「野村×上原」の2人に敬意を払いながら、番組の意図をきちんと理解しているからなのか、自分はどこまでも聞き役に徹していた。また、番組のジャンルによっては誰かのたいこ持ちのような道化役にもなれるし、芸人にいじられながら、にこにこ笑うこともいとわない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る