MLBとは対照的 旧態依然な“天下り天国”日本プロ野球の限界

公開日: 更新日:

 よく解釈すれば、面倒見がいいということか。

 去る22日、NPBが発表した昨年の戦力外、引退選手計136人の進路調査結果に関してだ。

 それによれば野球関係に進んだのは104人(約76.5%)。そのうち75人までがNPB(他球団と契約、コーチ、職員、スタッフなど)にとどまっていることが分かった。

 そんな日本のプロ野球界と対照的なのが、米国のメジャーリーグだ。

 メジャーにはそもそも引退した選手の面倒を見る土壌がないし、選手もまた、辞めた後の面倒を球団に見てもらおうという意識はない。引退後は大学に入り直して会社員になるなど、野球とはまったく無縁の人生を送る選手もザラだ。

 現役時代に実績ある選手でも、コーチや監督になれるとは限らない。最近はむしろ、現役時代の実績が邪魔になる風潮すらある。「名将」の異名を取った古いタイプの指揮官も敬遠されるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る