広島は泥沼10連敗…OB高橋里志氏&達川光男氏が“緊急提言”

公開日: 更新日:

「緒方を辞めさせろ!」

「来年は、黒田と新井で一から出直しじゃ!」

 広島・流川の歓楽街では、鯉ファンの怒号と悲鳴が飛び交っているという。

 広島は昨9日の中日戦に敗れ、8年ぶりの10連敗(1引き分けを挟む)。3―4で迎えた五回1死満塁の好機に無得点に終わると、その裏、中日の高卒新人・石橋に2点適時三塁打を浴び、点差を広げられ、意気消沈した。好機で拙攻を繰り返し、投手がガマンできずに炎上……。連敗中、そんなシーンを何度見たことか。

 1977年に20勝を挙げて最多勝を獲得した広島OBの高橋里志氏は言う。

「丸が抜けても、戦力は他球団に劣るわけじゃない。ここまで落ち込むとは想像していなかった。OB仲間と話していても、みんな頭を抱えてます。流れが悪い、試合運びも良くない……。連敗中の1試合平均得点は2.1。野手の状態がここまで悪いと、投手のガマンがきかなくなってくる。人それぞれ性格はあれど、緒方監督はいい意味で開き直って、俺が責任を取る、というくらいの気持ちで先頭に立って選手を引っ張ってほしい。負けているときは消極的になりがちだが、持ち味である足技を駆使して攻める姿勢を前面に出し、泥くさく勝ちにいくしかない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る