「白鵬杯」は毎年開催なのに「稀勢の里杯」は延期のナゼ

公開日: 更新日:

 開催できなかったのも無理はない。

 今年11月上旬に元横綱稀勢の里(現荒磯親方)が発表した「稀勢の里ウィンターカップ」。今月23日に高校生の相撲大会を両国国技館で行おうというものだ。

 しかし、先月30日に突然、来年以降に延期をすると告白。準備期間の短さ、選手がケガをした場合の保障の不備などが理由だという。

 角界関係者は「他にも理由がある」と、こう続ける。

「日本相撲連盟(以下、連盟)と、まったく連携を取っていなかったんです。高校相撲部は高体連の管轄だが、連盟は国内アマ相撲を統括する組織。高体連も大会のノウハウなどは連盟に頼っている。高校生の大会を行うなら、そちらにも根回しをするのが筋です。稀勢の里サイドは数カ月前から大会の準備をしていたが、連盟はこの『稀勢の里杯』を事後報告のような形で知ったらしく、寝耳に水。無視されたと思ってカンカンなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る