メダル狙う新体操日本代表を待つ ロシア女帝の“最終審査”

公開日: 更新日:

 東京五輪で、表彰台を狙う新体操団体日本代表のフェアリージャパンが都内で始動。5日の初日から約5時間、精力的に汗を流した。

 昨年9月の世界選手権(アゼルバイジャン)では総合で44年ぶりの銅メダルを獲得、種目別ボールでは史上初の金メダルを手にした。絶対女王ロシアのお株を奪う演技を披露するため、昨年末から更なるレベルアップに着手。昨年、世界一に上り詰めたボールでは、リスクのある連係技をふんだんに組み込み、高得点が望める演技構成に取り組んでいる。

 日本協会の山崎浩子新体操強化本部長(60)は、難度点だけでも昨年1月の大会でマークした8.700点から大幅増となる、19点台を見込む。昨年の世界選手権ですら15.700点だったから、難しい構成であることは明らかだ。

 山崎本部長によれば、1つミスすると、次に繰り出す連係技(3~4個)にもしわ寄せが来るそうで、メンバーは一瞬たりとも気の抜けない演技を強いられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  4. 4

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る