設定記録突破の松田とMGC3位の小原 五輪で勝てるのは?

公開日: 更新日:

「現在の日本はマラソンの三流国です。世界で1、2位を争うわけでもないので誰が選ばれても関心は低いですね」

 松田瑞生(24)が2時間21分47秒で優勝した印象を聞くと、陸上ジャーナリストの菅原勲氏は淡々と言った。

 東京五輪女子代表の残り1枠を争う今大会。2時間22分22秒の設定記録を突破した松田は、五輪代表に前進。3月の名古屋ウィメンズの結果待ちとなった。これにより、昨年9月のMGC3位で3人目の代表に最も近かった小原怜(29)は暫定代表の権利を失った。

 その小原も参加したこのレース。スタート時の気温は10度。湿度62%に風はほとんどなし。30キロまではペースメーカー(PM)がついて安定したリズムをつくり、前方を走る中継車には大型時計も設置されていた。

 MGCで4位に終わった松田は序盤から入れ込みぎみで、PMの新谷仁美から何度も飛ばしすぎを“注意”される場面も。松田はそのPMが30キロでいなくなると31キロすぎから勝負をかけ、並走するベレテ(31=バーレーン)を振り切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

もっと見る