六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

コロナ禍で日本代表のチーム作りは白紙に戻ってしまった

公開日: 更新日:

 サッカー界にとって青天の霹靂だった。

 著名人初の新型コロナウイルス感染者が、よりによって日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)だとは、誰一人として想定していなかった。

 田嶋会長は、今年に入ってマレーシア、タイ、北アイルランド、オランダ、アメリカを訪れている。3月3日にアムステルダムで開かれたUEFA(欧州連盟)の総会に出席した際、すでにコロナ感染が報じられているセルビア、スイスの会長と席が近かったーーと田嶋会長自ら認めている。

 現時点で感染経路は不明だが、精力的に海外出張をこなした結果、コロナに感染してしまったのだろうか。

 このコロナウイルスの猛威は止まるところを知らず、イタリアに加えてスペイン、フランス、ドイツでも感染者が急増。WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は「今やヨーロッパがパンデミックの中心になっている」と警鐘を鳴らした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  9. 9

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  10. 10

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

もっと見る