アーティスティックスイミング 日本・団体戦に地の利

公開日: 更新日:

 日本のお家芸種目に追い風になりそうだ。

 国際水泳連盟(FINA)は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月30日から東京アクアティクスセンター(AC)で予定していたアーティスティックスイミング(AS)の東京五輪最終予選の延期を発表。同大会は、新設の五輪会場でのこけら落としだった。FINAでは6月の代替開催を目指しているものの、東京ACでの実施を見送る方針としている。

 AS女王のロシアは、国ぐるみの組織的ドーピングにより4年間の資格停止処分を受けており、東京五輪への出場は微妙な状況だ。個人資格(ロシアからのオリンピック選手)での出場が認められなければ、初のチーム金メダルを目指す日本のライバルは、2012年ロンドン、16年リオと2大会連続銀メダルの中国に絞られる。

 かつて井村雅代現日本代表ヘッドコーチも指導した中国は、伝統的に空中技を武器としている。170センチ超の長身選手を揃え、水中から高く舞い上がるリフト技は、世界一と評価される。これまで日本は、中国が繰り出す華麗な空中技の前に、五輪、世界選手権と通じて銀メダル取りを阻まれてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る